スカイダー(らせん式+外周:手すり)S-A型 / S-S型 避難用滑り台




製品図面ダウンロード
標準仕様 2階 3階
S-A型 Φ2.500 H3,300 (DWGDXF・PDF) (DWGDXFPDF)
Φ3,000 H4,000 (DWGDXFPDF) (DWGDXFPDF)
オールステンレス仕様 2階 3階
S-S型 Φ2.500 H3,300 (DWGDXFPDF) (DWGDXFPDF)
Φ3,000 H4,000 (DWGDXFPDF) (DWGDXFPDF)
製品情報

すべり台に手摺はついていますが、外側に落下防止用のルーバーがございません。
安全性を考慮し、3階以下の建物にお勧め致します。

・らせん式(螺旋)滑り台
・滑り面・・・ステンレスパイプ
・外周・・・手すり(H=600)
・錆に強い、オールステン製の場合は(S-S型)


<S-A型>

<S-A型>

<S-A型>

<S-S型オールステンレス製>

<S-S型オールステンレス製>

<S-S型オールステンレス製>
取り付け方法

勾配表(消防庁認定基準に基づく)

避難用すべり台スカイダーは、消防法施行令25条に基づく避難器具であり、(財)日本消防設備安全センターの認定第1号を頂いた商品です。 避難用すべり台はすべて、生産物賠償保険に加入しております。

■S-A型 / SL-CN型 / KL-CN型

  型式 S-A型
S-S型
SL-CN型
SL-SN型
KL-CN型
KL-SN型
  階高 (mm) Φ2600 Φ2600 Φ2800 Φ3000
2M 2300 23.97° 24.43° 22.30° 20.50°
2400 24.98° 25.44° 23.25° 21.39°
2500 25.97° 26.45° 24.19° 22.26°
2600 26.94° 27.43° 25.11° 23.13°
2700 27.89° 28.40° 26.02° 23.99°
2800 28.83° 29.35° 26.92° 24.83°
2900 29.76° 30.28° 27.80° 25.67°
3M 3000 30.66° 31.20° 28.67° 26.49°
3100 31.55° 32.09° 29.52° 27.30°
3200 32.42° 32.98° 30.36° 28.10°
3300 33.28° 33.84° 31.19° 28.89°
3400 34.12° 34.68° 32.00° 29.67°
3500 34.94° 35.51° 32.80° 30.43°
3600 35.75° 36.33° 33.58° 31.18°
3700 36.54° 37.12° 34.35° 31.92°
3800 37.32° 37.90° 35.11° 32.65°
3900 38.08° 38.67° 35.85° 33.37°
4M 4000 38.82° 39.41° 36.58° 34.07°

【注記】

・上記勾配角度は回転角度285°で計算したものである。
・計算に用いる降下高は階高より200減じたものである。
・上記勾配角度で25°未満のもの、35°を超えるものは認定範囲外である。( 部分)  

※すべり台降口部(GL)には、1000×1500の避難空地が必要です。

型式認定番号一覧

避難用すべり台スカイダ-の型式別 認定番号(財団法人 日本消防設備安全センターにおける)の一覧です。型式別に・適応階高・外周の種類・避難用すべり台の外径・特徴をまとめています。
各種ともに認定品のため規格基準がございますが、建物にあわせ作図のお手伝いを致します。
まずはお気軽にご相談ください。

■らせん(螺旋)式
*外周ル-バ-はデザイン性の高いパンチングメタルに替えることが可能です

型式 ※認定番号 適応階 外周 オ-ル
ステンレス
外径(㎜) 特徴
標準 オプション
手摺 ル-バ- パンチング
メタル
S-A たい-048号 2F~5F - オプション Φ2,400~
Φ3,000
外周に手摺付
KS-A たい-048-1号 2F~5F - -

Φ3,000 外周に手摺/滑り面内側にタラップ付
S-S たい-084号 2F~5F - オプション Φ2,400~
Φ3,000
S-A型のオ-ルステンレス製
KS-S たい-083号 2F~5F - -

Φ3,000 KS-A型のオ-ルステンレス製

※(財)日本消防設備安全センター/消防用設備等

PAGE TOP